NEWS

2017.03.16

早稲田大学の岩村教授よりFTPLとヘリコプターマネーに関する新提案をご寄稿いただきました

早稲田大学経営管理研究科の岩村充教授より、物価水準の財政理論(Fiscal Theory of the Price Level:FTPL)に基づく新提案を寄稿頂きましたので、下記の通り掲載いたします。

本提案では、日銀が保有している間は無利子となる変動金利永久国債を日銀引受により発行することで、サルベージ可能なヘリコプターマネー散布とも位置づけられる政策がデフレ対策として設計可能であるということが示されています。

PDFのファイルはこちらです。

なお、岩村教授には、昨年マンスリーレポートにて弊社技術顧問の渡辺努とビットコインに関するテーマについて対談していただいているほか、その後5月には日銀保有国債の永久債転換に関する提案を寄稿頂いています。

ナウキャストは、「経済の“今”を知る」ための、迅速かつ正確な革新的統計を開発する統計ベンチャーであると同時に、金融政策・統計に関する蓄積された知見を社会に伝える「伝道師」です。引き続きご愛用いただけるサービスの提供に努める所存です。弊社でお力になれることがありましたら、ご遠慮なくいつでもご連絡くださいませ。